こころエイド
薬に頼らずうつ病を治した真実の物語
人間心理

薬に頼らずうつ病を治した「はる」のプロフィール

blog#1
こころエイドはる
こころエイドはる
こんにちは。
薬を使わずにうつ病を克服したはるです。
本当にそんなことできるの?
ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
こころエイドはる
こころエイドはる
ココロと向き合い、
仕組みを理解すれば克服できるよ^ ^

 

今回は、私が精神科医からうつ病と宣告されながらも、
薬に頼らずうつ病を回復させた経験をもとに、
「悩みを解決する方法」をお話していきます。

ストレスを溜め込み、
ココロのバランスを崩してしまう・・・
そんな方のお役に立つことが
できれば良いなと思い、
私の持っているノウハウと経験を
全て明かすことにしました。

なんとなく精神的に不安定で、
人には言えず悩んでいる方の
人生が好転するヒントが
得られる内容になっていますので、
ぜひしっかりと読んでみてください。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
全部話すの?
全部話しちゃおう
こころエイドはる
こころエイドはる

最近こんなツイートをしました。

こころエイド/関口はる
@kokoroaid222
【一人で悩まないで】薬に頼らなくてもうつ病から脱出することは可能です。間違った人間関係、思考、生活習慣、食生活に気づき、正して行くことが近道、実際に成功体験をしている人達と繋がる事から始めましょう。
午後0:57 · 2020年4月15日·Twitter for iPhone

今回は私のうつから脱出するまでのストーリーです。

NOと言えなかった過去

私は2020年現在、
55歳になる中年男性です。

今迄の人生を人に話すと、
返ってくる言葉は、

「よくグレなかったね」
「よく持ちこたえたね」
「よくそんな酷い目に合っても、
人を信じ続ける事が出来たね」

人から見れば、
「闇に堕ちる塀の上をいつも選んで歩いている。」
そんな人間に見えるそうです。

人の頼みを断らず、
人をすぐに信じ、
自分より他人を優先する。

頼まれると全力で応え、
頼まれてもいないことにまで範囲を広げる。

いつしか、
期待以上の振る舞いをする事が
相手にとっての当たり前になり、
私はやり過ぎている事に気付き、
相手との距離を置き始める。

すると、
「今までやってくれてたのに、今更なんだよ!」
と、相手は逆ギレ。

人の為にと思って始めたことが、
いつも逆効果でした。

他にも、私が会社のためにと始めたプロジェクトは、
他部署に猛反対&妨害工作をされ、

それでも、
あからさまな誹謗中傷に耐えながら頑張り続けていると、
プロジェクトが軌道に乗って、
収益が上がりだしました。

すると、今度は、
「収益と結果だけをよこせ!」と、
全てをはく奪。
収益だけ自分たちの手柄にして
私には相変わらず冷たい素振り。

こころエイドはる
こころエイドはる
もっと売り上げれないのか!
利益率の取り方が甘いな!
って、
常に上からだったなぁ(苦笑)
お人好しすぎない?
ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん

 

そんな会社に見切りを付けて、
今度は友人と一緒に新しい会社を立ち上げました。

 

「これから心機一転!
新しい環境で一生懸命に働くぞ!」
そう思っていた矢先に
事件が勃発します。

なんと、共同設立者の友人は、
私を募って集まってくれた方々から、
内緒で資金を調達して私的に使い込んでいたことが後に発覚。

事業自身も間も無く立ち行かなくなって行きました。

そんな環境に見切りを付け、

出直しで転職に必要な技術を
習得するために250万の借金をして渡米、

安定した収入を維持するためのスキルアップだったのですが

「借金はあなたの小遣いから返してね」と、
妻からは応援されず。

それでも人が2週間かかる技術習得を、
半分の7日間で習得し帰国。

その後努力の末に再就職した会社では、
「今までとやり方を変えるな!」
「不条理なことがあっても我慢しろ!」
というパワハラが当たり前の
八方塞がりな状況。

「自分さえ良ければそれで良い」
という周りに翻弄されて、

自分はただの操り人形なのでは無いか?
本当の人生を歩んでいるのだろうか?
自分はなんのためにここにいるのだろう?

そういう考えが頭の中をグルグルと巡り、
心はどんどん下を向くようになりました。

これまでの人生を振り返れば、
会社ではイジメにあい、
友人には裏切られ、
家族には応援されず。
再就職した会社でも、
パワハラの毎日。

そんな経験を何度も何度も繰り返して行くうちに、
私の心と身体はボロボロ。

ある日、歩いていた塀の上から足を踏み外し、
闇側に落ちてしまいました。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
お人好しを絵に描いたような人生を歩んだんやね。
嫌われたくないという心理が働いていたのかもね。
こころエイドはる
こころエイドはる

ようこそ鬱の世界へ

私にとっての闇は、
「鬱の世界」でした。

国が定めるストレスチェックに引っかかり、
精神科医の診断を受けると、
「いつ入院してもおかしくないうつ状態」
と診断されました。

そして、うつ状態を治すために、
「薬を使う」or「薬を使わない」
という究極の選択を迫られることに。

こころエイドはる
こころエイドはる
正直もうどっちでもよくなってたよ。
自暴自棄になるなよ。
ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん

幸運なことに、
担当していただいた精神科医の先生は、

「鬱の薬を処方してしまうと、
職場への復帰が長引いてしまう」

「薬はどうしようもなくなった時に処方すれば良いので、
まずは普段の生活を見直すことで、回復への道を探りましょう」

と言っていただける先生でした。

薬を使わずにうつ病と向き合うために
精神科医のアドバイスを素直に受け入れることに。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
どんなアドバイスやったん?
引きこもらず、
外の空気を吸いましょう。
って言われたんよ。
こころエイドはる
こころエイドはる
ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
それだけ??
抽象的やなぁ。
ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
もっと具体的に指示してもらわんかったん?
抽象的なのが逆によかった。
こころエイドはる
こころエイドはる
ここから自分で
ココロについて調べることで、
人生が好転していくんよ。
こころエイドはる
こころエイドはる

自分の内側を見つめ直す

うつ病と診断されたことで、
仕事も長期休暇を頂き、
急に時間を持て余すようになりました。

そして、4日に1回は山へキャンプに行き、
焚火の炎をぼーっと見つめ、
自分と向き合う毎日。

客観的に自分を見つめる毎日の中で、
ふと、
「ココロってなんだろう?」
という事に注目し始めました。

そこから一気に、
脳科学・心理学・宗教・自然や宇宙に至るまで、
今まで触れる事が無かった
ありとあらゆる情報を求めました。

そんな勉強漬けの日々を過ごして
数ヶ月が過ぎたある時、
何気無く見ていたテレビに映ったあるものが、
その後の私の人生を大きく左右することになりました。

催眠術との運命の出会い

私がたまたま見ていた番組というのは、
ズバリ言うと、「催眠術の番組」です。

芸人さんが催眠術にかかり、
様々な面白い行動をする。

椅子から立てなくなったり、
他の芸人さんに人格が入れ変わってしまったり、
シャボン玉に当たると死んでしまうという暗示にかかり、
必死の形相で逃げ回ったり。

自分の脳は自分のものだと思っていたことが、
いとも簡単に催眠術師の言った通りに操られてしまう。

脳って一体なんだ?
ココロって一体なんだ?
催眠術って一体なんだ?

そこから、催眠術に関する情報を
片っ端から集める毎日がスタートしました。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
えらいぶっ飛んだところにいったねぇ
あとで気がついたんだけど、
ここからうつを抜け出すレールが、
目の前に敷かれた感じやね。
こころエイドはる
こころエイドはる

最初は、YouTubeで催眠術の動画を
見まくるところからスタートしました。
そして、様々な催眠術の動画を見漁るうちに、
バナナマンさんのとある動画にたどり着きました。

その動画では、
「バナナマンの設楽さんが催眠術師になって、
ゲストに催眠術を掛ける」
という内容の企画でした。

「本当にそんなことが出来るのだろうか?」

半信半疑で動画を眺めていると、
なんと、本当に簡単な講習で、
催眠術が掛けられるようなったのです。

その時、私の頭に稲妻が走りました。

あれっ?催眠術って、
実はすごく簡単にできるのでは?
こころエイドはる
こころエイドはる

そう思うようになってから、
どうしても催眠術をマスターしたくなりました。

そこからは暇さえあれば、教えてくれるルートを検索しまくり

大阪のとあるスクールにたどり着きます。
催眠術師養成スクールSSO
https://sso-school.com/

「無料」で催眠術が学べるメール講座があったので、
登録をして、毎日講義を受けることに。

そして、毎日少しずつ
催眠術を学んでいくと・・・

催眠術の世界は知らない事ばかりで、
しかもココロの世界と繋がっていて、
学んでいて本当におもしろい!!

こころエイドはる
こころエイドはる
そうか!催眠術って心理学だったのか!

催眠術の疑問も解けていき、
ココロの話とも深くつながっている。

しかも、簡単な催眠術なら、
無料メール講座の段階で
掛けられるようになったのです。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
ほんまに無料メール講座を受けただけで、
催眠術をかけれるようになったん?
本当に催眠術をかけれるか、
すぐさま実践したんよ〜。
こころエイドはる
こころエイドはる
ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
そんないきなり?w
恥ずかしくなかった?
怖くなかった?
恥ずかしいし怖かったよw
でも、失うものは何も無いし、
言われた通りやったら、
初挑戦で成功したんよw
こころエイドはる
こころエイドはる

そして、私はオンラインスクールで、
催眠術を本格的に学ぶ決断をしました。

そこで出会った師匠は、
出会うべくして出会った師匠でした。

師匠や仲間との出会い

師匠は、催眠術というスキルだけではなく、
私が本当に知りたかった
ココロの仕組み、ココロの学び、ココロの成長について、
私が求めていたものの答えを既に持たれていました。

まるで、神様がこれまでの埋め合わせとして、
引き合わせてくださったように・・・

いつしか、私は師匠に、
何でも相談するようになっていました。
そして、師匠はいつも
私の話をじっくりと聞いてくださり、
その上で的確なアドバイスをしてくださいました。

また、今までは、
ほぼ1人で活動をしている状態で、
塀の上を歩いてはある時、
大きな落とし穴にハマるという状態でした。

そして、そんな私には、
「そっち言ったら落とし穴に落ちるで~」
と、気づかせてくれる
仲間との繋がりが必要であると言うことを、
師匠は見抜いていたようでした。

催眠術師のコミュニティの仲間に入ることで、
催眠術とココロの学びを
継続することができたのです。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
催眠術師の仲間?
そうそう、
実際に会って、
一緒に実践したり
お互いにアドバイスしあったり。
こころエイドはる
こころエイドはる

亡くなった友達に会いたい

師匠に教わった
催眠術とココロの学びを実践していくことで、
人々の笑顔に出会うことができました。

女性A
女性A
テレビで見てたことが体験できて楽しい~!
男性B
男性B
今までで一番リラックスできた!
女性C
女性C
苦手なことが克服できて嬉しい~!

お会いする方に楽しい体験を
プレゼントすることができ、
みなさん目を輝かせて喜んでくれます。

そして、そんな催眠術漬けの
日々を送っていた中で、
どうしても忘れられない
セッションがあります。

その時、催眠術の体験を希望された男性は、
見た目オラオラ系で、
決して人前で涙を見せない感じの
30代半ばの男性。

その方は、
「バイクの事故で亡くなった友達に会いたい」
とおっしゃいました。

詳しく理由を聞くと、
「友達の突然の死で伝えたかった感謝の気持ちを
伝えることが出来ずに、ずっと後悔している。」
「もしも会えるのであれば、
ちゃんと感謝の気持ちを伝えたい。」
とのことでした。

そこで、私は、催眠術を使って
バイクの事故で亡くなった友達に逢って頂きました。

すると、今まで言えなかった感謝の言葉を
友達に向けそっと発し、
穏やかな笑顔のまま
ポロポロと涙を流されました。

セッション後は、
とても感謝をしてくださり、
「はるさん、本当にありがとうございます。
とても心が軽くなりました。
生きる希望が湧いてきました。」
とおっしゃって頂けました。

私は、出会う人々の心の悩みに触れ、
その悩みに寄り添うことが出来る
知識とスキルを手に入れて、
出会う人みんなに
プレゼントしていくと、
いつしか、自分自身のうつ病は
完全に治っていました。

こころエイドはる
こころエイドはる
あれ?
なんか悩んだり塞ぎ込んだりしてないぞ!って、
ある日気が付いたって感じ。
そんだけ夢中になってたんやね。
ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん

なぜ、うつ病が治ったのか?

うつの症状が改善したことを分析すると、

悩んで苦しい状態の時、
「〇〇して欲しい」という状態になっていて、
ココロの矢印が内側(自分)を向いている。

逆に、幸せな状態の時は、
ココロの矢印が外側(相手)を向いていて、
「〇〇してあげたい!」という状態になっているそうです。

うつ病で苦しかった時は、
「どうして自分ばかり・・・」
と、ココロの矢印は
自分の方向を向いていたんですね。

それが、催眠術を覚えて実践していくうちに、
いつしか、
「今、目の前に居る方を喜ばせるために、
何ができるだろう?」
と、ココロの矢印が
外側を向いていました。

そして、催眠術以外の場面でも、
「どうしたら相手の悩みを
和らげることが出来るだろう?」
「どうしたら相手にもっと
喜んでもらえるだろう?」
と、考える事が当たり前になり、
全ての矢印が外側(相手)に向かうことで、
私のうつは完治したのです。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
ホンマに良かったなぁ~

カウンセリングのセッションを始める

日本人の実に8人に1人が、
潜在的に鬱だと言われる現代。
闇にハマり動けない、
地雷を踏んで瀕死の状態。
そんな状態の人が、
世の中には沢山居る。

私に出来ることが
もっとあるのではないか?
こころエイドはる
こころエイドはる

そのような考えが頭の中を
グルグルと回っていました。

自分が鬱から解放され、幸せになって満足するのではなく、
過去の自分と同じように困っている方の
力になる活動を始めたい。

 

そこで私は、
これまでの経験と知識を伝えるために、
アメーバブログを立ち上げました。

すると、半年も経たずに
すぐに人気ブログになり、
読者100人・記事も500件以上になりました。

こころエイドはる
こころエイドはる
やっぱり、ココロの情報を
求めている人が多いんだなぁ~

そう感じた私は、
すぐさま「悩み相談の会」という
コミュニティを立ち上げて、
様々な方の悩み相談に答えてきました。

職場に復帰して感じた変化

うつ病が改善したことで、
私は職場にも復帰していました。

そして、不思議なことに、
職場や同僚は同じなのに、
居心地は依然とまるで変わっていました。

まず、自分自身の
ココロが軽くなったことで、
今まで以上にバリバリと仕事に
打ち込めるようになりました。

また、催眠術を通じて得られた
ココロの学びを通じて、
会社でも、多くの方の
悩み相談に乗るようになりました。

悩み相談に来られる方の中には、
部下や同僚・パートのおばさんだけではなく、
直属の上司や、もっと上の所長さんもいて、
人生相談や仕事の相談を受けることもしばしば。

以前と同じ職場だけど、
仕事がとても楽しく、
人間関係もすごく良くなりました。

ココロの学びを続けているうちに、
私の言動や雰囲気がガラッと変わった
影響なのかもしれません。

ココロの学びを会社のみんなに伝えると、

「そうゆう仕組みになっていたのか!」
「そんなこと、学校では教えてくれなかった!」
「どおりでイライラするわけだ」

私とお話しをしていくうちに、
みなさんの心がどんどん整っていきます。

会社では、みなさんの
「どうしたら良くなるの?」に答える毎日が続きます。

もしかすると、
そのお手伝いをすることが
私の使命なのでは?
こころエイドはる
こころエイドはる

悩み相談に乗るうちに、
私自身も使命感のようなものに
目覚めていきました。

このように、
職場復帰も順風満帆に進んだのですが・・・
会社での私の活動を
快く思わない人も紛れ込んでいて、
この後、最大の事件が勃発したのでした。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
【ココロの救助隊】誕生やな
いやぁ〜、
まだ最後の試練が待ってたんよ
こころエイドはる
こころエイドはる

事件勃発で試される私の決意

ある時、事件が勃発しました。

なんと、私のアメブロなどの活動を
会社の人事部に密告されたのです。

そして、人事では、
その活動が「秘密保持義務規定」に抵触する恐れがあると、
問題にされたのです。

私は私の活動が大問題に発展する前に、
アメーバブログの活動を辞め、
これまで書いてきた500記事は
全て削除することにしました。

「あいつばかり目立って気に食わない」

ある種やっかみ?と言う形で
地獄に落とされる事態に。

親しい人は、
「なんてひどい会社なんだ」
「人間が腐っている」
と私に同情しました。
(正確には自分のことのように憤慨し、
怒りをあらわにしていました)

以前の私なら、
ブログを削除したことで、
気持ちが落ち込んだり、
活動を辞めてしまっていたかもしれません。

しかし、私のココロは
全く落ち込むことは無かったのです。

ブログを全てを消去しても、
執着心から来る「怒り」や「嘆き」といった感情は、
沸いてきませんでした。

というのも、
今回の事件に対して、
「これからもっと高く羽ばたくために、
神様が与えてくれた試練」
だと感じていたからです。

「また1からやり直せばいい。」
「次にブログを作る時は、
もっといいものを作れる。」
「やろうと行動を起こせば、
いつでも過去を超えられるものが出来る。」

私は、根拠のない自信に満ちていました。

それに、私はもう、
一人ではありません。
”師匠”や”仲間”もいるし、
私を応援してくれる方もたくさんいます。

そして、私はすぐに、
カウンセリングのセッションを再開しました。

五十にして天命を知る

これまで多くの方の悩み相談を受ける中で、
私はようやく、自分の天命に気づくことができました。

私の天命は【こころエイド】、
こころの救助隊をすることです。

ペットのフレブルちゅたん
ペットのフレブルちゅたん
天命って何?
「このために私は生まれてきたんだ」
と、思えるような、
人生の目的に目覚め、
魂が燃えるような生き方をしている状態。
そんな感じかな。
こころエイドはる
こころエイドはる

私の元に相談に来られる方は、
「どうしてあの人はあんなこと言うのだろう?」
「どうしてあの人はあんな行動をとるのだろう?」
「なぜイライラするのだろう?」
「なぜ不幸感を抱えるのだろう?」
という疑問を抱えて来られることが多いです。

一見、幸せそうに振舞っていても、
私とじっくりお話しすると、
実は悩みを抱えている。

勉強に励み、競争を勝ち抜き、
教えられた通りに人生を歩んできたのに、
ここを目指せと言う人生の先輩が
どうも幸せそうに見えない。

みんな無意識に気付いています。
無意識の引き出しに仕舞い込んだまま、
気付かないふりをする。

奥深くにしまい込んだ
ココロの引き出しの開け方や、
ココロの整え方を伝える人が、
今の時代には必要だと言う事に気がつきます。

闇にハマり動けない、
地雷を踏んで瀕死の状態。
気がつけばそんな人が世の中には沢山居る。

そんな方々の共通点は
一人で悩んでいる。
孤独と闘っている。
個でなんとかしようともがいている。

こころの矢印が、
どんどん内側(自分)を
向いてしまっています。

解決策は、
一人で悩まず、
抜け出した人や本当の仲間と繋がり、
救助して貰うのが一番の近道です。

うつ病は一人で治す病では
無いのですから。

「夜明けはこっち」
あなたのココロの矢印が
外側を向くためのガイドをします。
応援させて下さい。

あなたのあるべき本当の姿を、
世界は待ち望んでいるのですから。